F1バターナッツ すずなりバタ子さん

販売価格 500円(税込550円)
購入数

小袋(7粒)
100粒
出荷用シール100枚
出荷用シール1000枚

緑黄色野菜の王様! 栄養価・熱量桁違い(^o^)/


写真

カボチャの原産国はアメリカ。カボチャは西洋カボチャ、東洋カボチャ、ペポカボチャなどに分けられます。一般に西洋カボチャはホクホクして甘みがり、東洋カボチャは水分が多く粘り気があると言われています。現在日本で広く栽培されている西洋カボチャは「冬至にカボチャを食べると風邪をひかない」と言い伝えがあるように、栄養満点。カボチャには、ガン予防に効果的なベータカロチンが豊富。ベータカロチン以外にも、ビタミン類、ビタミンB1、B2、C、さらには抗酸化能力が高く、血行をよくし、皮膚のすみずみまで酸素と栄養素をいきわたらせるビタミンEは、緑黄色野菜の中でもトップクラスです。また食物繊維も豊富に含まれます。


バターナッツ南瓜がF1になって、パワーアップして帰ってきた!

写真

従来より固定種で親しまれてきたバターナッツ南瓜がF1になりパワーアップ。草勢が強くなり強健、露地放任栽培で楽々栽培出来ます。収穫の目安は果皮色で判断(果梗部のコルク化では判断不可)します。果実表面のツヤが無くなり、「濃いきなこ色」になってきたら収穫時期です。順次収穫して下さい。

F1にしてみたかったのです。 やってみたかったんです!(^_^;)

すずなりバタ子さんは放任栽培OK、っと言うか放任でやって!

写真 すずなりバタ子さんは系統で言うと「モスカータ」まあ、日本南瓜の仲間ですね(小菊南瓜とか)なので、いわゆる西洋南瓜(特濃こふき5.6とか)に比べると葉や茎は小ぶり。しかしながら非常に粘る草勢、バテにくく枯れにくい。まさに放任栽培向けのツル植物とはこう言うことですね。

整枝は不要、ただただ広い面積、太陽光線、肥料、水をあげて下さい。

ある程度生育してくると花が咲き始めます。雄雌の見分けは簡単です。
すずなりバタ子さんの雄雌花の見分け方はとっても簡単。雌花は花の根元にちっちゃなすずなりバタ子さんが付いています。

さあ!着果し始めますよ、心の準備はよろしいですか?

写真 ゴールデンウィーク頃に露地で植えて梅雨が明け始める6/中旬頃、晴れた日に咲いた花は虫が居れば着果し始めます。

虫の皆さん仕事して〜♪どんどこどんどこ着果していきます。

この着果性能はすごい!の一言。圧倒的な収量性!Σ( ̄□ ̄;)

写真

F1にすることにより、何よりも特筆すべきはその着果性能!圧倒的とはまさにこの事と言うほどの高収量です。露地で雨ざらしで作っても何とも丈夫!蜂やアブが勝手に交配!気がつけばゴロゴロと・・・♪

これは・・・なりすぎやろっ!

↓うぉ〜マジか!なりすぎやろ!
↓でも、ちょっとうれしい♪

すずなりバタ子さんを、完全放任のまま晩秋まで引っ張ると!

上記画像は、畑横の雑草ボウボウの、畑でも何でも無いただの草原。刈払機で雑草をかっ飛ばし適当に化成肥料を撒き、刈った草も除けず、上からアグリシートで押さえただけ、勿論耕起など無し。苗を定植するところだけ穴を空けて、すずなりバタ子さんをポツンと1本だけ定植。
これね、ゴールデンウィークに定植して、お盆前後に1回収穫してるんですよ。こんな環境でも十数個収穫出来て木がまだもっていたので、追肥して再放任したんですよ。草勢が回復してまた着果始めましたんで、葉の無くなる晩秋まで引っ張ってみたんですよ。

おいおい!やばくないかこの収量。放任栽培で2回目の収穫やで!しかも1株やで!

収穫の目安はこんな感じです。ご参考にして下さい。

食べ方色々♪皆さんいろいろ試してみてね!

写真

バターナッツ南瓜と言えば、ポタージュなどのスープ系料理が有名ですが、色々な料理に使えますよ♪1番果の完熟果は意外にもホッコリ滑らか。追熟させてもおいしいですよ!

バターナッツの代表料理「すずなりバタ子さんのポタージュ」です。濃厚で滑らかでおいし〜♪

ミニカボチャの立体混植をしてみました。何やら賑やかなアーチが出来上がりました♪o(^∇^)oワーイ♪

赤皮/朱姫 白皮/こなゆきひめ 緑皮/すずなりカボちゃん ひょうたん型/すずなりバタ子さん   (^Д^)/

南瓜栽培は接ぎ木不要、実生でOK!今年の菜園は自家育苗で!

写真 南瓜の根は連作障害に対して強く、接ぎ木の台木にも使用されるほど。ですので一般家庭菜園において西瓜やメロンのように接ぎ木をする必要は無く、実生でOKです。9cmポットで育苗の場合、育苗期間はザックリ45日程度。今年の菜園は自家育苗で行ってみませんか?

接ぎ木は不要ですので、ウリ科の育苗は南瓜で練習だっ!

播種する前日に種子を袋から出しておきましょう。そして、同じく前日に、播種予定のポットに培土を詰めてタップリ潅水して馴染ませておきましょう。
発芽を上手にさせるコツのひとつが「水分」です。播種前日のこのひと手間がとても大事です。


つまり、種子はとんがった方を上にして、やや斜めにセットされます。そして、前日に潅水した培土は余分な水分は排水され、良い感じの含水量になっていると思います。覆土をした後は潅水不要です。


写真 そして!この状態で温度をかけずに一晩放置します。一晩かけてじんわりと種子の中心まで吸水させます。風が当たる場所では、タオルなどをかけておくと不測の乾燥を防ぐことが出来ます。

そしてなんと!!タネは、この一晩の間に吸収しすぎた水分は培土にはき出します。自然とは良く出来ています。

写真 水分量が適切であれば、あとは「地温」。25℃前後をキープ出来れば4〜5日で頭を持ち上げてきます。

何となく人情として、発芽するまではマメに水をやってしまうのよね...。でも、ほとんどのケースで潅水過多に陥ってトラブっちゃいますね...。我慢する胆力が必要です。

播種・催芽・苗作り、悩む水分管理。その弐

気になる方は上記文字↑↑↑か下画像↓↓↓をクリック!

写真 双葉が完全展開すると、今度は晴天日は葉からどんどん水分を蒸散させ光合成をします。過乾燥で萎れさせると大ダメージですので、注意しましょう。

潅水はメリハリが大事です。やる時は鉢底からしたたるまでしっかりと。控えるときは萎れない程度まで我慢します。

写真 一番やってはいけない潅水の仕方が「毎日ちょっとやる」です。なぜダメかというと、ほとんどの場合「ちょっとやる」とポットの上だけが湿って、底が乾いてしまうんです。こうなると、生育初期に伸長した大事な一発目の種子根が大ダメージを食らってしまいます。
ポットの底が乾くと言うのは意外かもしれませんが、実際けっこう結構あるんです。根の大部分がポットの底に集中しているので、やっちゃうと「よわよわの徒長苗」になってしまいます。
画像の苗は、あんまり底が乾くから根が水分を求めて上に上がってきているのがわかりますか?この状態で潅水が遅れて乾かしてしまうと根が大ダメージを食らいます。


写真 南瓜は葉が大きいので、育苗途中スペーシングを行い少し広めて、サンサンと太陽光線が当たるようにしましょう。

良い苗に仕上がりました!さあ、菜園に定植してやりましょう。

色々な野菜の作り方が詰まったノウハウ集

気になる方は上記文字↑↑↑か下画像↓↓↓をクリック!


最近チェックした商品