呼び接ぎにチャレンジ!

さ〜てさて!皆さん大好き育苗ですねっ!ここはひとつ接ぎ木苗の育苗にチャレンジしてみましょうか!成功率重視!少量生産OK!育苗簡単!「呼び接ぎ」です!!

世の中には色々な方法で接ぎ木苗が生産されています。「さし接ぎ」「割り接ぎ」「ピン接ぎ」etc...。それらの中で古くからあり、成功率が高く作業が簡単なのが「呼び接ぎ」。ただこの呼び接ぎは、大量の苗を生産するには作業にやや時間がかかり、仕上がりのビジュアルが今ひとつ。そんなわけで本職の育苗屋は行いませんが、家庭菜園ならば「呼び接ぎ」がベストです。接ぎ木苗の性能は劣りません、見た目が不細工なだけっ!!
必要な物は下記の通り。(大玉スイカの場合)
●良い感じに育苗した穂木(大体播種してから10日くらい)
●良い感じに育苗した台木(穂木の1日〜2日前に播種する)
●良い感じに湿った培土の鉢上げ用ポット(作業の前日には十分潅水しておく)
●カミソリ(出来れば新品が良い)
●接ぎ木クリップ



作業日数をイメージしやすくするため、タイムスケジュールをザックリと書くとこんな感じです。

写真まずはカミソリ、皆さんの使いやすい物でOKですが、私はこのタイプがしっくりきます。そして私の場合はホルダーから1cmほど刃を引っ張り出して、その部分を使用します。

刃を引っ張り出すときはくれぐれも注意して下さいね!小さなラジオペンチを使うと良いですよ。

写真 次は、穂木・台木ともに土をかるく払います。台木の根は触らずに接ぐ、いわゆる「居接ぎ」も方法としてはアリなんですが、払ってしまった方が作業が楽なんです(私は)。また、居接ぎをする場合は台木の育苗は1ポットにつき1本ずつになります。

大ザックリとババッと払えば良いですよ、それよりも接いだらすぐに仮移植しますので、根を傷めないようにしてやって下さい。

写真 穂木・台木供にザックリ土を払ったら、いよいよ接ぎ木をするための切り込みを入れていきます。茎径の3分の2を切り込み、3分の1を残します。穂木は下から上へ切り込み、台木は上から下へ切り込みます。

人差し指の先に乗っけてカミソリを恐れずゆっくりと一発で切り込みます。カミソリを怖がってつまんでやると、ぷるぷる震えて余計に太刀筋が鈍ります!

写真 切り込みを入れた穂木・台木を結合します。切り込みの深さ、角度、結合の具合など画像を参考にして下さい。あと、なるべく接いだ後、穂木の双葉が台木の双葉の上に来るような位置が良いです。

合体!! 言葉を並べて説明するとまだるっこしい...。こんな感じです!

穂木と台木の切り込みを逆にしちゃダメですよ〜。水は根から葉へ行きますよ〜!


写真 良い感じに接合出来たら、接いだ部分が動かないように接ぎ木クリップで圧着します。

クリップオン!接いだ部分を密着させるイメージで。

写真 後は、事前に準備してあったポットに埋め戻して、ギュッと鎮圧して完了です。今回は4本で終わり、少なっ!!

呼び接ぎを行う際、穂木と台木の根の高さが合わないことが多々あります。が、あんまり気にしなくても良いです。ポットへ仮移植する時、浅い方にあわせてやればOKです!

写真 接ぎ木後、2日ほど軽く遮光し萎れが無ければ通常管理に戻し光に当てます。10日もすると穂木の葉も動き出しますので、いよいよ穂木の自根を切り離し台木の根で活動させます。

台木の芽は指でつまめる大きさになったら除去します。何度が再生するときがあるので1回とったからと言って油断しないように。

台芽を除去するときに再生しにくくするコツは、生育の進んでいる台葉を新芽の方向に向かって折り取ってやると、キレイに除去出来ますよ。


写真
こんな感じです。外側の葉と一緒に新芽もとれているでしょ。これを逆向けでやると大体新芽の一部が残って、また再生してきます。



育苗が進むにつれ、接合箇所は太くなっていき、定植サイズまで来るともう外れることはありません。

見ての通り完全に癒合しています。ただ、接合部のビジュアルが「接ぎ木してあるな!」という感じになります。接ぎ木苗の性能的には劣りません。不細工なだけです!!


で、実際に栽培して呼び接ぎ部分はどんな感じになるかというと、こんな感じになります。台木の双葉へ繋がっている茎は上体が無いためたいして太くなりません(活着後しばらくして切っちゃっても問題なし)穂木の西瓜はどんどん生育しますので台木と供に太くなっていきます。完璧に癒合し一体化していますね、美味しい西瓜に丈夫な根っこ、1番初めにこの接ぎ木と言う技術を考えた先人に敬意と感謝を申し上げないといけませんね!

おしえて!!野菜づくりいまさら聞けない!?園芸用語集ちょっとドキドキ農具の使い方Q&Aこんなときどうしたら…