積算温度と着果標識のお話し

スイカやメロンなんかを家庭菜園で栽培していると、「このスイカいつ頃収穫出来るんだろう」なんて悩むことがあると思います。

写真 解らないけれど、とりあえずコンコン叩いてみて、解らないけど、「良い音している」と独り言を言ってみたり・・・。
解らないけれど、そろそろかな〜と思って収穫してみたものの、切ってみるとまだ色がほんのり付いた程度、当然甘くなくゴリゴリで落胆・・・。
もうちょっと置かないと!と思っていたら、今度は収穫遅れで中はうるんでブニュブニュで落胆・・・。

心を折られて再起不能...。ありますよね!必ず、少なからず皆さん経験していると思います。

積算温度の理屈をザックリ理解しておきましょう!

写真 毎年心を折られても挫けないメンタルの強い方は、家庭菜園は遊びなので良いのですけれど、おっさんになってくると折れた心は中々回復しないで尾を引くのです。

そこで、心を折られないために、登熟の「積算温度」の理屈を簡単に理解しておきましょう。


積算温度とは読んで名のごとく、毎日のどれだけ温度が掛かったかの積み重ねの事です。


写真 ザックリ言うと1日の最高温度+最低温度÷2=1日の温度として計算します。 (つまり、最高35℃、最低15℃の日の1日の温度は25℃となる訳です。)

最高最低温度計(量販店に行くと二千円位で売っている)を畑に置いておくと良いですね。


写真
計算開始は交配日(開花日)からスタートします。


写真 そこで、例えば積算温度1200度で完熟するスイカがあったなら、毎日の積算温度を仮に25度で計算すると、48日で収穫。となるわけです。

例えると、毎日洗面器に一杯ずつ水を風呂桶に入れていくと、48日目で一杯になり風呂にようやく入れる。見たいなイメージです。


写真 でも、毎日毎日積算温度を農業日誌に書き込んでいくのは、これはこれで面倒くさい...。(マメな方は是非やって下さい。)

そこで、分かり易く恐らく栽培時期を鑑みて、この辺りであろうとアタリをつけて日数に変換した物が、良くカタログに書いてある「収穫までの日数」です。

着果棒(着果標識)は必ず立てましょう!

写真 整枝栽培をされている方なら、開花日は判ると思いますので、豆荷札等で着果標識をつければ万事OKです。

開花6/15、収穫予定8/1。みたいに収穫予定日も書いておくと分かり易い。


写真 で、問題なのは放任栽培をされている方です。家庭菜園を楽しんでいる方で仕事をされていて、菜園に行けるのは「週末だけ」と言う方も多いと思います。1週間ぶりに菜園に行ったら、小さいスイカがコロコロ着果しているのを発見、ここで「実ってる〜!」と喜ぶ前に着果標識を立てます。

そして、現時点での果実サイズを確認し、逆算して開花日を特定し着果標識に開花日を書き込みます。


これで万事OKです。あとは品種カタログに記載されている収穫までの日数を確認し、収穫日のアタリを付けましょう。 果実サイズの変換はザックリ下記の通りです。

下記の着果棒は既製品ですが、家庭菜園では、ほぼ皆さん自作されてます。私は100均の洋蘭支柱(10本入り)の先に白い布ガムテープを挟み折りしてくっつけた物を使用しています。(上画像)コスパ抜群のうえ、日付の書き込みもできて良い感じです。



写真 年々の気温差により誤差は多少出ますが「カン」による収穫よりは遙かに精度の高い収穫が出来るハズです。大玉スイカも、小玉スイカも、テニスボール大までの肥大スピードは大差ありません。

小玉スイカの最終判別ラインはテニスボール大。
大玉スイカの最終判別ラインはソフトボール大。
これを過ぎると年々の天候・畑の状況・草勢等により肥大スピードは変わりますので、もう判別は難しくなります。


写真 せっかく栽培するんですから、バッチリ収穫して美味しく頂きましょう!そして、菜園仲間に自慢しましょう!

これは「できた」んじゃないよ
「つくった」んだよ!ってネ!

おしえて!!野菜づくりいまさら聞けない!?園芸用語集ちょっとドキドキ農具の使い方Q&Aこんなときどうしたら…