湖南(フーナン)夏

販売価格 300円(税込330円)
購入数

小袋(3ml:約600粒)
20ml
2dl

商品詳細

高温期でも節間伸長が起こりにくく、ガッチリと生育します。 濃緑で葉に厚みがあり繊維質が少なく食感極上です。

チンゲンサイ(アブラナ科アブラナ属)

整理・生態的特徴 (※あくまでも参考として)

●発芽条件 発芽適温20〜25℃ 最低5℃ 最高35℃ ●温度反応 生育適温15〜25℃ 5℃以下になると生育が停滞する。 ●日照反応 光合成飽和点は85,000ルクス。javascript:jf_AddTag('p'); ●土壌適応 土壌に対する適応性の幅は広い。 ●開花習性 ある程度の低温に一定期間遭遇する事で花芽分化する。

中華料理にはやっぱりチンゲンサイ

中華料理でよく見かける緑黄色野菜の一つである。(別名 青梗菜)チンゲンサイは、ビタミンC・βカロチンなどのビタミン群、ミネラル成分、食物繊維を豊富に含み、特にβカロチンはピーマンの約6倍も多く含んでいる。 チンゲンサイは油との相性が良く、炒めたり、茹でたりすることによってビタミンの吸収が良くなることから、炒め物やスープなどの料理に用いるのがお勧めである。

栽培のポイント

圃場準備 日当たりが良く排水の良い圃場を選びます。また、プランターでもOKです。

土づくり、肥料のやり方 畑地で栽培する場合は、市販の完熟堆肥を1屬△燭2kg程度施し、よく混ぜ込みます。長い間栽培されていない畑や水田の跡地では苦土石灰を1屬△燭200g程度施します。堆肥や苦土石灰は植え付ける14日前までに施しておくとよいでしょう。肥料は、植え付ける前に市販の化成肥料を1屬△燭100g施し、よく混ぜ込みます。その後、畝たてを行います。畝の表面は出来るだけ平らにならしておきます。排水の悪い圃場では、高畝にすると良いでしょう。プランター栽培では、市販の野菜栽培用の土を用いると良いでしょう。

間引き 本葉2〜3枚出た頃に株間が15cmくらいになるように間引きします。

追肥 種まきから10日程度後に、種まきをした場所から5〜7cm程度離れた場所に溝を切り、化成肥料を1屬△燭10〜20g程施します。

収穫 収穫適期は1株重が150g程度の頃。


最近チェックした商品