森盛(もりもり)グリーンカリフラワー

販売価格 400円(税込440円)
購入数

小袋(約30粒)

ブロッコリーの後輩です!栄養満点!

写真カリフラワー(和名・ハナヤサイ)の原産地については未だ明白になっていない。 誕生した時期も定かではなく、カリフラワーはブロッコリーの突然変異と考えられており歴史的にはカリフラワーのほうが後輩ということになります。 花頭の部分を食用にする。花蕾のさっくりとした歯ざわりが特徴。太い茎がミネラル・ビタミンを貯蔵する器官としての役割を果たすため、他のアブラナ科植物より栄養価が高くカリフラワーに含まれるビタミンCは加熱による損失が少ないのが特徴。 料理への汎用性も高く茹でるだけでなく、焼く、蒸す、揚げる、煮る、はもちろんサラダ、グラタン、酢漬け といった調理にも向く。最近認識されてきた緑色のロマネスコ等も仲間である。

これは鮮やか!(゜∀゜)!めずらしい鮮緑色のカリフラワー!

写真写真花蕾色が鮮緑色のめずらしいカリフラワー。 一般的な白いカリフラワーと違いしっかりとした肉質で、炒めても花蕾がバラバラにならない。 歯ごたえがあり、味が濃く風味も強く食味は大変に良くおいしい。 草勢は強く強健で丈夫、プランター栽培も可能。

味が濃く歯ごたえも十分!皆さんに知って欲しいニューフェイスです!

草勢は強く丈夫、家庭菜園でも栽培しやすい。

写真 草勢は強くやや大柄な株になります。株間は50cmほどとった方が良いでしょう。草勢は強いですが肥料は効かせ気味に栽培した方が大きな花蕾が期待できる。

家庭菜園でも丈夫で栽培しやすい。

植木鉢でも栽培可能、ベランダでカリフラワーいかがですか?

写真丈夫で栽培しやすいため、植木鉢やプランターで栽培しても良く育ちます。

毎日もりもり花蕾が大きくなるのを見ていると楽しいですよ(^Д^)

カリフラワーではめずらしく「セカンドーム」も狙えます。

写真通常のカリフラワーは頂花蕾を収穫すれば栽培は終了ですが、森盛は11月上旬に収穫後、すぐ追肥をいれて脇芽を発生させると春先に小さいながらも「セカンドーム(第2花蕾)」が収穫できます。

カリフラワーの「セカンドーム」はちょっとウレシイですね(*^o^*)

カリフラワー栽培は油断大敵!いろんな奴らが狙っています!

写真 カリフラワーはアブラナ科植物。アブラナ科は実に色々な虫のエサになる植物です。「モンシロチョウの幼虫」を代表とするいわゆる「アオムシ」は何らかの防除をしないと、穴だらけになります。美味しい物は、虫もよく知っています。ですが、せっかくの野菜を虫にくれてやるわけには行きません、対策を立てましょう。

あぁっ! よく見るといっぱいいるぅ〜!!(T^T)うわぁ〜ん!

農薬(殺虫剤・殺菌剤)をピシャリと良く効かせるひと工夫。

気になる方は上記文字↑↑↑か下画像↓↓↓をクリック!
          ↑↑↑    ↓↓↓

家庭菜園は物理防除が有効。防虫ネットでトンネルを作ろう!

写真 完全露地栽培では虫の防除が大変。防虫ネットでトンネルを作り、その中で栽培すれば無農薬でも栽培可能。

防虫ネットトンネル栽培、オススメです。

秋野菜の活着の重要性について

気になる方は上記文字↑↑↑か下画像↓↓↓をクリック!
          ↑↑↑    ↓↓↓

色々な野菜の作り方が詰まったノウハウ集

気になる方は上記文字↑↑↑か下画像↓↓↓をクリック!
          ↑↑↑    ↓↓↓

最近チェックした商品