ゴーゴーサマー7(春まきOK!晩抽タイプ)

販売価格 250円(税込275円)
購入数

小袋(20ml)
1dl
PR-M 3万粒
シーダーテープ20m

速報!家庭菜園でラクラク種蒔き!シーダーテープ加工種子新登場!


株間5cm✕約3粒蒔きのテープが20m(400箇所)入っています。等間隔で一発で播種が完了します。どうですか?便利でしょ?

ほうれん草=ペルシャの草・・・(^⌒^*)

写真
栄養豊富なほうれん草。中でも知られているのが、女性にうれしい鉄分の豊かさ。これは、 葉酸とともに血液に欠かせない成分です。ちなみにほうれん草の「ほうれん」とは? ほうれん草の故郷は、なんとペルシャ。今で言うイランのあたりを指します。この野菜が シルクロードを経て東へ伝わったとき、中国の人たちは「菠薐草(ほうれんそう=ペルシャの草)」 と読んで珍重したのでした。今私たちは「ペルシャの草」をおひたしにしたり、「ペルシャの草」 をサラダにしたり、している訳です。なんだかピンときませんね。

ボリュームのある晩抽系、春夏蒔きの、がっちりタイプ!

晩抽性が高く、春・夏蒔きとして使用可能。 草姿は立性で葉重型。葉色は濃緑で葉身部は大きめ。 葉幅はやや広く、葉肉厚く、葉柄太いので収量が上がる。 浅めの欠刻が1〜2段入り、しわや巻き込みは少ない。 ベト病(R1.2.3.4.5.6.7)に対して抵抗性。

弱アルカリ性が好き!

近年、酸性雨が多い日本では、ほおっておいても畑土は酸性に傾きます (-_-;)。ホウレンソウは酸性土壌に弱い代表的な野菜です。 タネ蒔きの約3週間前に石灰を1平方メートル当たり約100〜200g程度を散布し、よく耕しましょう。好適pHは6.3〜7.0と言われているため、苦土石灰など石灰資材等の土壌混和で調整しておく事が大切です。

草姿は立性で葉柄はしなやか、収穫作業は容易な葉重型

写真

晩抽性は春に作るには十分であるが、夏場は高温乾燥により抽苔は助長されるので注意する。環境によっては葉にしわが生じることがある。また、高温時に水分が切れると生育がストップするので、水管理に注意する。 高温時に水分が切れると生育がストップするので気をつけて! (* ̄0 ̄)/

栽培のポイント 二大ポイントはpHと日長!

pH(ペーハー)
酸性土壌では本葉3〜4枚程度で生育がとまり、葉の黄化が発生します。好適pHは6.3〜7.0と言われているため、 圃場のpHを確認し酸性の場合は苦土石灰など石灰資材等の土壌混和で調整しておく事が大切です。

日長
ホウレンソウは日長反応に敏感な作物です。特に春〜夏にかけて、日長が13時間以上ある長日期に抽苔が急速に進みます。 そのため、春〜夏にかけての栽培は晩抽性の品種選びが大切です。栽培適期表を良く確認して見ましょう。

最近チェックした商品