都プリンス

販売価格 500円(税込550円)
購入数

小袋(10粒)
100粒

メロン類とは弥生時代からのお付き合い \( ̄0 ̄ )

写真

原産地は北アフリカ、中近東、東アジアといわれています。日本にも弥生時代の土器と共に種子が出土しているが、そのころの物はマクワウリなど原種に近い物だった。ネットメロンは、明治27〜28年頃がはじまりで、その後、明治36〜37年に温室での栽培に成功。 本格的な栽培は、大正13年に静岡県の遠州地方ではじまった。カリウム・アミノ酸が多く含まれ体内から排出されるとき、ナトリウム・老廃物と一緒に体内の水分を外に出す働きをしますので二日酔い、急性腎臓炎などに良い。

作りやすくて家庭菜園で人気のプリンスメロン系


写真 果実は600g前後。果皮は白灰緑色で、果肉は淡い橙色で果皮の近くは緑のグラデーション。 糖度は14〜15度で安定し、食味良好。草勢は旺盛だが、ツルはやや細身の仕上がり、耐病性に優れ、低温低日照でも着果がよく、栽培が容易なメロンです

畑で完熟まで持っていくと、少し果皮に黄色い色が浮くときがある。

昭和世代は、メロンと言えばプリンスメロンでしたよねぇ〜


写真 昭和の高度成長期とともに、一時はメロンの半分のシェアを誇り一世を風靡したプリンスメロンですが、現在ではわずかに流通する希少品となってしまいました。

市場流通は激減したものの、家庭菜園・直売所向けのメロンとしては栽培しやすく、根強い人気です。

やったら、やっただけの効果アリ!やってみようトンネル栽培!


写真 メロン類は多湿を嫌います。雨をよけてやるだけで生育が安定し、病気の発生もぐっと減少します。手間暇はそれなりにかかりますが、やったらやっただけの効果はあります。この栽培法をマスターすれば栽培出来る作物のバリエーションがググッと増えます!

やってみようトンネル栽培!(^_^)

夏頃になると良くお問い合わせ頂きます、メロン・マクワ類のこの症状、なんだかわかります?

主に放任栽培をされている方から、初夏〜お盆にかけて「葉っぱが何かおかしいんだよ〜」や「ちぢくれて生育しないんです〜」みたいなお問い合わせを良く頂きます。恐らく程度の差はあれ上記画像の様な感じだと思われます。この症状なんだかわかります?
これは、かの悪名高いウィルス病(バイラス病・モザイク病とも言う)です。主にアブラムシやアザミウマなどの害虫が蔓延させる病気です。この病気が厄介なのは、発病したが最後、どのような農薬を使用しても治癒しません。さらにどんどん周りに広がっていきます。残念ですが、発見し次第抜き取って畑の外へ持ち出さねばなりません。

これを防ぐためには、害虫の防除しかありません。菜園に行った際は、葉の裏をちょいちょいチェックするクセを付けましょう。早め早めの防除を心がけましょう。

農薬(殺虫剤・殺菌剤)をピシャリと良く効かせるひと工夫。

気になる方は上記文字↑↑↑か下画像↓↓↓をクリック!

色々な野菜の作り方が詰まったノウハウ集

気になる方は上記文字↑↑↑か下画像↓↓↓をクリック!

最近チェックした商品