緑の輝き(みどりのかがやき)

販売価格 500円(税込540円)
購入数

小袋(7粒)
100粒
出荷用シール 100枚
出荷用シール1000枚

メロン類とは弥生時代からのお付き合い \( ̄0 ̄ )

写真


原産地は北アフリカ、中近東、東アジアといわれています。日本にも弥生時代の土器と共に種子が出土しているが、そのころの物はマクワウリなど原種に近い物だった。ネットメロンは、明治27〜28年頃がはじまりで、その後、明治36〜37年に温室での栽培に成功。 本格的な栽培は、大正13年に静岡県の遠州地方ではじまった。カリウム・アミノ酸が多く含まれ体内から排出されるとき、ナトリウム・老廃物と一緒に体内の水分を外に出す働きをしますので二日酔い、急性腎臓炎などに良い。

えっ!?美味しい!いつも食べているメロンと何かが違う?(@_@)

写真
非常にジューシーで独特の清涼感のある、純白のノーネットメロン。果肉色は鮮やかな緑色、糖度は16〜17度前後。夏のデザートにピッタリ。多汁質の果肉は噛んだ瞬間甘みが広がります。サイズは1.5〜1.8kg前後と大きめ。果形はやや縦長の高球形。成熟日数は50日前後の中生種。

肉質は緻密なメルティング質で、特筆すべきは果汁の多さと、清涼感のある糖度。

糖度17度を超えたメロンは甘過ぎで...と言う方には、是非!

やもすると、糖度17度を超えたメロンは甘過ぎでちょっと・・・と、おっしゃられる方もおられると思いますが、この「緑の輝き」をお試し下さい。 このメロンの風味と味は独特で、高糖度になっても清涼感がありひつこい感じは無くクリアな味。
きっと「あぁ、こんなメロンもあるんだ」と感じていただけると思います。

やったら、やっただけの効果アリ!やってみようトンネル栽培!

緑の輝きはノーネットメロンですが、性質も味もネットメロンに近しい特性を持っています。したがって大変キレイで美味しいメロンですが雨除け栽培が必要になります。雨をよけてやるだけで生育が安定し、病気の発生もぐっと減少します。手間暇はそれなりにかかりますが、やったらやっただけの効果はあります。この栽培法をマスターすれば栽培出来る作物のバリエーションがググッと増えます!

通常普通作(平暖地でゴールデンウィーク前後)に定植する場合、温度は十分ありますのでトンネルの裾は昼夜通じて開けっ放しで良いです。雨除け(つまり天井だけ)でOKです。

メロンの栽培方法

タネまき適温は25〜30℃。ポットで育苗して本葉4〜5枚で定植。 メロンは雨に弱いので、ハウスもしくはトンネル被覆が必要です。 1屬△燭蠅良現犹榿醂未聾吉遒妊船奪100g・リンサン260g・カリ100g。畝は高畝にして定植の10日前には作っておきます。 株間は60〜80cm。本葉が5〜6枚になったら親ヅルを摘心し、伸びてくる子ツルのうち元気で同じ長さのツルを2本残します。 子ヅルが伸びてきたらU字型に誘引して、着果位置がトンネルの中になるようにします。 着果位置は本葉11〜15枚目から出てくる孫ヅルに1ツルにつき1〜2個着果させます。ツルが太くてツル先が角度45度以上上を向いているときは2個、細くて弱い場合は少なくすると品質が良くなります。 着果15日目位(ソフトボール大)になったら果実マット(発泡スチロールのトレイ)を敷いて腐敗の防止をしてください。 成熟日数は交配後53日前後(品種間差アリ)です。天候により日数は前後する早めから試し切りを行ってください。



最近チェックした商品