エリシオ

販売価格 500円(税込540円)
購入数

小袋(6粒)
100粒
出荷用シール 100枚
出荷用シール1000枚

メロン類とは弥生時代からのお付き合い \( ̄0 ̄ )

写真

原産地は北アフリカ、中近東、東アジアといわれています。日本にも弥生時代の土器と共に種子が出土しているが、そのころの物はマクワウリなど原種に近い物だった。ネットメロンは、明治27〜28年頃がはじまりで、その後、明治36〜37年に温室での栽培に成功。 本格的な栽培は、大正13年に静岡県の遠州地方ではじまった。カリウム・アミノ酸が多く含まれ体内から排出されるとき、ナトリウム・老廃物と一緒に体内の水分を外に出す働きをしますので二日酔い、急性腎臓炎などに良い。

重厚な濃緑皮の青肉ネットメロン、ワンランク上を目指すあなたに。

写真
草勢はやや強く葉は大きめ、節間はやや長くツルは細身に仕上がる。果肉色は鮮やかな淡緑色で肉厚です。糖度は平均16度くらい。果皮色は濃緑色で、ネットは中密に美しく発生します。サイズは1.7kg前後。果形は球形〜やや縦長の高球形。

ウドンコ病・ツルワレ病に強く作りやすい。

木がバテにくく高温期向き、夏収穫するにはもってこい。

写真
草勢はやや強めで梅雨明けの急な高温時〜盛夏期における、木がバテやすい環境においてもツル持ち良好。高温期はネットがキレイに発生しない濃緑皮の品種が多い中、キレイに発現し、いわゆる坊主ネットになりにくい。成熟日数は53日前後の中生種。

エリシオは大玉に仕上がります。作りごたえがありますよ。

ブリーダーからのコメント

写真 現在市販されている濃緑皮の品種は大果となる品種が多い。従って、果皮が硬化しにくいためどうしても高温期にはネットの発生が悪くなる。そこで、高温期でもネットが安定して発生する品種を目標に育成したのが「エリシオ」です。また、大果系品種は高温期には過肥大を起こしてしまい、根が着果負担に耐え切れずに萎凋したり枯死したりすることも多いですが、エリシオは高温期にちょうど良い大きさに肥大するため、萎凋したり枯死したりすることが少ない。

逆に、低温期には小果となるため不向きです。

ネットメロン栽培のお約束、やってみようトンネル栽培!


写真 ネットメロン栽培がなぜ敷居が高いのか、それは果実を雨に当ててはいけないので、トンネル栽培をしなければいけないからと言っても過言ではありません。 では、なぜ雨に当ててはいけないのか?それは、あのネットのせいです。実はあのネットは果実のひびからにじみ出た果汁が、固まったかさぶたのような物だと思って下さい。 そこに雨を当ててしまうとそこから雑菌が入って悪くすると腐ってしまいます。

ですので、雨をよける屋根があれば家庭菜園でも十分ネットメロンを栽培出来るのです!

メロンの栽培方法

タネまき適温は25〜30℃。ポットで育苗して本葉4〜5枚で定植。 メロンは雨に弱いので、ハウスもしくはトンネル被覆が必要です。 1屬△燭蠅良現犹榿醂未聾吉遒妊船奪100g・リンサン260g・カリ100g。畝は高畝にして定植の10日前には作っておきます。 株間は60〜80cm。本葉が5〜6枚になったら親ヅルを摘心し、伸びてくる子ツルのうち元気で同じ長さのツルを2本残します。 子ヅルが伸びてきたらU字型に誘引して、着果位置がトンネルの中になるようにします。 着果位置は本葉11〜15枚目から出てくる孫ヅルに1ツルにつき1〜2個着果させます。ツルが太くてツル先が角度45度以上上を向いているときは2個、細くて弱い場合は少なくすると品質が良くなります。 着果15日目位(ソフトボール大)になったら果実マット(発泡スチロールのトレイ)を敷いて腐敗の防止をしてください。 成熟日数は交配後53日前後(品種間差アリ)です。天候により日数は前後する早めから試し切りを行ってください。


最近チェックした商品