でぇらい(コンテスト用)

販売価格 1,000円(税込1,100円)
購入数

小袋(10粒)
50粒

夏はスイカ!を食べましょう〜(^o^)

写真

スイカの原産地は南アフリカ。紀元前5000年頃には栽培がはじまり、エジプト、ギリシャへと広まったとされている。その証拠に、紀元前4000年代の古代エジプトの壁画にもスイカが登場している。日本への到来も古く、平安時代には栽培がはじまっている息の長い果物だ。ウォーターメロンとも呼ばれ、その90%が水分、10%が糖分という大変みずみずしい食べ物ですが、もちろんその中には様々な成分が含まれています。注目されている成分がリコピン、カリウム、シトルリンと三つあり、スイカは肝臓だけではなく、腎臓にもとてもよい食べ物だと言えます。主にスイカを食べると言ったら夏。バテやすく、食欲も落ちがちな季節ですのでスイカを食べましょう!

ずど〜ん!と畑に鎮座するこの迫力・・・。う〜ん、持ち上がらない。

写真100Kgを超えることもある超大型縞皮俵型西瓜。 耐病性は非常に強く、通常の栽培では接木不要。 開花後約60日で収穫。果皮は厚く、子供程度であれば乗っても大丈夫!! 肉質は硬く繊維が強い。 ツル・葉も大きく、1株当りの面積は普通西瓜の3倍程度は必要。より大玉にするには・・・畝幅5m以上×株間3m以上、半放任栽培で1株1果どりを基準とする。 着果節位は高めにする(25〜30節ぐらい)。 着果後は数回に分けて十分に追肥をし、生育期間中肥料切れを起こさないように注意する。

肥料切れ厳禁!( ̄□ ̄;)!!

切り分けると言うよりは・・・「解体」ですなΣ( ̄□ ̄;)

写真果実が大きすぎて通常の包丁は全く役に立ちません。バットで叩いても割れません・・・。スイカ専用の刃渡り50cmの包丁を使い数回に分けて切りました。中身は見ての通りです。糖度は10度ありました。食べてみたら・・・。む〜内緒です。(^_^;)
これは・・・、マンモスの肉か?

夏頃になると良くお問い合わせ頂きます、この症状なんだかわかります?

写真 主に放任栽培をされている方から、初夏〜お盆にかけて「葉っぱが何かおかしいんだよ〜」や「黄色い斑点が出てきてどんどん酷くなるんです〜」みたいなお問い合わせを良く頂きます。恐らく程度の差はあれ左記画像の様な感じだと思われます。この症状なんだかわかります?
これは病気じゃないんです。「ダニ」の食害なんです。画像は比較的初期の症状なんですが、酷くなると黄色い斑点で葉がダマダマになります。

葉の裏をめくってみてみると、ちっちゃい点々が見えますかね、矢印が付いていないとこにもチョイチョイいますね〜。(老眼のおっさんの目ではもはや限界です...。)葉に黄色いカスリをチラリとでも確認したら、即防除をしないと手遅れになります。(この症状を知らないと、何かの病気か生理障害と勘違いしてしまうんです。どんな病気の薬や液肥をやってもダメなんです〜と良くお問い合わせ頂きます。)
で、ここで注意が必要です。防除対象は「ダニ」です。いわゆるアブラムシやアザミウマみたいな「昆虫」とはチョイと違う「似て非なる虫」、一般的な殺虫剤はほぼ効きません。「対・ダニ」用の資材が必要になります。

農薬(殺虫剤・殺菌剤)をピシャリと良く効かせるひと工夫。

気になる方は上記文字↑↑↑か下画像↓↓↓をクリック!

最近チェックした商品