リムジン

販売価格 500円(税込550円)
購入数

小袋(5粒)
100粒
出荷用シール 100枚
出荷用シール1000枚

メロン類とは弥生時代からのお付き合い \( ̄0 ̄ )

写真

原産地は北アフリカ、中近東、東アジアといわれています。日本にも弥生時代の土器と共に種子が出土しているが、そのころの物はマクワウリなど原種に近い物だった。ネットメロンは、明治27〜28年頃がはじまりで、その後、明治36〜37年に温室での栽培に成功。 本格的な栽培は、大正13年に静岡県の遠州地方ではじまった。カリウム・アミノ酸が多く含まれ体内から排出されるとき、ナトリウム・老廃物と一緒に体内の水分を外に出す働きをしますので二日酔い、急性腎臓炎などに良い。

玉がデカイ!そして丸い、迫力の大玉メロン!

写真
果重1.5kg〜2.5kgで肥大性を重視した品種、果形は球〜高球形。初期草勢は非常に強く、着果後は徐々に大人しくなり、ツル持ちは中程度。葉の大きさは中〜やや大きく、色は濃い、うどんこ病に強い。果皮色は灰緑色でネットは密に発生する。果肉色は黄緑色で肉厚、糖度は16度前後で安定する。成熟日数はトンネル栽培で55〜57日の中晩生種。

このメロンはデカくて丸い。大きなメロンを栽培したい方にはオススメ致します。

立体栽培・地這栽培どちらでもOKです。とりあえず大玉になります。

美しいネット、鮮やかなイエローグリーンの果肉、良い香り・・・。こんなメロンが自分の菜園で栽培出来たら・・・。 家庭菜園ではもっとも敷居の高い作物の一つがネットメロンですね。でも、作ってみたい!ですよね。 ポイントを押さえていけば家庭菜園でも十分栽培することはできます!チャレンジしてみましょうよ!(*^_^*)


ちょっと玉がでけ〜よ!立体栽培の1本1果だけれども・・・。食べ応えはあるんだけど、ちょっとデカいよ。

ブリーダーからのコメント

写真 赤肉のマリアージュシリーズや緑肉のフェリーチェはアールスに近い外観を意識して育成しましたが、リムジンは外観よりも大きさを追求しました。従って、低温期にその能力を発揮するのですが、草勢が極めて強いため既存品種と同じ施肥設計では草勢が強くなりすぎて雌花が飛んだりヒルネットが発生したりしてしまいます。つまり低温期の栽培では減肥が大前提となり土壌によっては基肥なしにする必要もあります。低温期へ向かう抑制栽培では生育初期は高温であるため比較的トラブルもなく栽培できます。また、高温期の収穫では過肥大を起こして大きくなりすぎますが、果肉は軟化しにくいため加工用にも適しています。

ネットメロン栽培のお約束、やってみようトンネル栽培!

ネットメロン栽培がなぜ敷居が高いのか、それは果実を雨に当ててはいけないので、トンネル栽培をしなければいけないからと言っても過言ではありません。では、なぜ雨に当ててはいけないのか?それは、あのネットのせいです。実はあのネットは果実のひびからにじみ出た果汁が、固まったかさぶたのような物だと思って下さい。そこに雨を当ててしまうとそこから雑菌が入って悪くすると腐ってしまいます。ですので、雨をよける屋根があれば家庭菜園でも十分ネットメロンを栽培出来るのです!


迫力の大玉ネットメロンがドン!ドン!と転がっている様は、いいっすねぇ〜(*^o^*)
リムジンは初期草勢が強いため、追肥は後追いスタイルが良い。開花辺りから肥効を高め、少し高めの温度管理で初期肥大を良好にすると良い。だから、余計にこの品種はデカいのよ。

夏頃になると良くお問い合わせ頂きます、メロン・マクワ類のこの症状、なんだかわかります?

主に放任栽培をされている方から、初夏〜お盆にかけて「葉っぱが何かおかしいんだよ〜」や「ちぢくれて生育しないんです〜」みたいなお問い合わせを良く頂きます。恐らく程度の差はあれ上記画像の様な感じだと思われます。この症状なんだかわかります?
これは、かの悪名高いウィルス病(バイラス病・モザイク病とも言う)です。主にアブラムシやアザミウマなどの害虫が蔓延させる病気です。この病気が厄介なのは、発病したが最後、どのような農薬を使用しても治癒しません。さらにどんどん周りに広がっていきます。残念ですが、発見し次第抜き取って畑の外へ持ち出さねばなりません。

これを防ぐためには、害虫の防除しかありません。菜園に行った際は、葉の裏をちょいちょいチェックするクセを付けましょう。早め早めの防除を心がけましょう。

農薬(殺虫剤・殺菌剤)をピシャリと良く効かせるひと工夫。

気になる方は上記文字↑↑↑か下画像↓↓↓をクリック!

色々な野菜の作り方が詰まったノウハウ集

気になる方は上記文字↑↑↑か下画像↓↓↓をクリック!

最近チェックした商品