羅皇ロング(らおうロング)

販売価格 500円(税込540円)
購入数

小袋(8粒)
200粒
出荷用シール 100枚
出荷用シール1000枚

夏はスイカ!を食べましょう〜(^o^)


写真

スイカの原産地は南アフリカ。紀元前5000年頃には栽培がはじまり、エジプト、ギリシャへと広まったとされている。その証拠に、紀元前4000年代の古代エジプトの壁画にもスイカが登場している。日本への到来も古く、平安時代には栽培がはじまっている息の長い果物だ。ウォーターメロンとも呼ばれ、その90%が水分、10%が糖分という大変みずみずしい食べ物ですが、もちろんその中には様々な成分が含まれています。注目されている成分がリコピン、カリウム、シトルリンと三つあり、スイカは肝臓だけではなく、腎臓にもとてもよい食べ物だと言えます。主にスイカを食べると言ったら夏。バテやすく、食欲も落ちがちな季節ですのでスイカを食べましょう!

夏の露地栽培で抜群の性能を誇る羅皇ですが、「俵型の羅皇が欲しい!」とのご要望を多数頂いておりました・・・。お待たせ致しました!ついに俵型羅皇「羅皇ロング」の育種が完成致しました。

至高のシャリと高糖度は「羅皇」ゆずり、俵型「羅皇ロング」出来ました。

果重8〜10kgの俵型。果皮色は非常に濃い極濃緑色。従来の俵型品種と比べ、草勢が強いものの着果性良好。ツル持ちに優れるが、空洞果発生は極めて少なく、秀品率は高い。糖度の乗りが非常に良く、13度程度で安定する。濃桃紅色の果肉は非常に硬いしっかりした肉質ながらも繊維質は強くなく、強いシャリ感が共存。食味・食感が非常に良い。肉質の緩み・肉崩れ・タネ周りのスキが少なく、在圃性・棚持ちに優れる。収穫後・流通後の品質低下が少ないことから、カット販売やブロックカットにも最適。6〜7月収穫のトンネル栽培で、開花後46〜47日で収穫となる中晩生。

・・・

スイカの天敵!あの黒いヤツにはどう対処すればいい!?


写真 スイカの天敵、カラスに有効な対策法とは?まずはCD、カラス模型など、目の良いカラスの「視覚に訴える」対策。しかし、カラスは大変賢く、すぐに慣れるので様々な変化をつけていく事が大切です。頭の良いカラスは「何かいつもと違う・・・何かヤバイ・・・」と感じたら近寄ってきません。安心させてはいけません。イヤガラセを継続的に!また、「縞模様がない」「色が違う」「大きい」などのスイカをチョイスするのもベター。頭の良いカラスは縞模様や形状からスイカを選ぶ習性があるからです。あまり大規模菜園でなければ防鳥ネットを展張するのが物理的に最良です。ダンポールなどのトンネル支柱資材を活用し防鳥トンネルなどを作ると良いです。

カラスの頭の良さを逆に利用してやろう!


今年はカラスとの知恵比べに勝利した!丸々と太った「羅皇」と「ブラックジャック」やったぜ!


写真 昨年は、カラス供に煮え湯を飲まされた。収穫直前の「羅皇」が2玉供やられて大変悔しい思いをしました。スイカの上に網コンテナをかぶせていたにもかかわらず、高さ調整のため少し浮かしていた下にある10cmの隙間からつつかれました。

リベンジを誓い今年も「羅皇」と「ブラックジャック」を栽培。

我が畑に飛来するにっくきカラス供を遠巻きにジーッと観察を続けていると、ある法則性に気がついた。奴らは少し離れたところに飛来して「地上を歩いて」近づいてくる。西瓜畑の葉が混んでいる所に直接は降りてこない、必ず「歩いて近づいてくる」。足元が開けていないと警戒するのか・・・。そこで、スイカ畑の外側の葉の上にツル物ネットをピンと張らずフワッとくしゃっと「踏んだら絡まるで!」と言う雰囲気で敷設しておいた。結果は上手く行った。網の手前でしばらくウロウロしてあきらめて飛んでいった。


今回は俺の勝ちだ!さてカラス供よ、次はどう出る?と言うか、もう来んな!!

新しい西瓜達は、このような調査・試験を繰り返し誕生します。


写真 この写真は、育種研究農場で頻繁に行われている調査の一コマ。色・味・シャリ・糖度・硬さ・香り・etc・・・。栽培方法から耐病性に至るまで、徹底的に調査され合格点に達した品種のみ、「品種名」が与えられ商品となります。

名が与えられた品種は何かキラリと光る「個性」があります。
(*`▽´*)キラリ☆!

栽培のポイント

家庭菜園の栽培方法は、各ページの左部にある「おしえて!!野菜作り」のバナーをクリック! 各種栽培方法をPDFでダウンロード出来ます。


最近チェックした商品