グリーンフライト

販売価格 200円(税込216円)
購入数

小袋(6ml:約1500粒)
20ml
2dl
シーダーテープ20m

名付け親は将軍様!由緒ある菜っ葉なんですねぇ(^Д^)

写真

小松菜は「ツケナ」の一種です。もともと東京都小松川地区の特産でしたが、今では幅広い地域で栽培されています。 小松菜の歴史は諸説ありますが、江戸幕府第8代将軍・徳川吉宗の鷹狩りの際に献上され、そのときに地名から小松菜の名がつけられたといわれています。江戸時代に記された書物に度々登場するため、関東では広く普及していたものと考えられます。

ビシッと立性!濃緑の葉色で美しい草姿(^Д^)!


写真 耐暑性があり病気にも強い、特に高温期での徒長が少なくビシッと立性のその草姿は美しい。抽苔は遅く春〜秋にかけては20日程度で収穫でき周年栽培が可能。

う〜ん、良く揃っているね!

将軍様がご命名(@_@)


写真 八代将軍・徳川吉宗が江戸小松川村に鷹狩りにみえられたとき、葛西菜とよばれていた青菜を献上したところ、たいそう喜ばれました。これが好物となり、青菜に土地の名を幕府から賜ったという立派な生い立ちです。 小松菜は別名「カルシウムの菜っぱ」と言われるぐらい、カルシウムが多く、そのうえカルシウムの吸収を阻害するシュウ酸が少ないことから、効果的にカルシウムを摂取できます。緑黄色野菜としてもビタミンCやβ―カロチンが豊富です。

ほほぅ〜由緒ある菜っ葉なんですねぇ。

ネットや不織布でトンネルを作っておけば、完全無農薬栽培も楽々♪


写真 畑と違ってプランター栽培では、不織布と洗濯ばさみを使えば簡単に密閉度の高いトンネル栽培が可能。潅水は不織布の上からでOKですので、それこそ間引きの時以外は完全密閉することができますので、害虫が侵入するスキを与えません。

完全防御で臨戦態勢は完璧!
そして、美味しい無農薬野菜をGet!

栽培のポイント

圃場準備 日当たりが良く排水の良い圃場を選びます。また、プランターでもOKです。

土づくり、肥料のやり方 畑地で栽培する場合は、市販の完熟堆肥を1屬△燭2kg程度施し、よく混ぜ込みます。長い間栽培されていない畑や水田の跡地では苦土石灰を1屬△燭200g程度施します。堆肥や苦土石灰は植え付ける14日前までに施しておくとよいでしょう。 肥料は、植え付ける前に市販の化成肥料を1屬△燭100g施し、よく混ぜ込みます。その後、畝たてを行います。畝の表面は出来るだけ平らにならしておきます。排水の悪い圃場では、高畝にすると良いでしょう。 プランター栽培では、市販の野菜栽培用の土を用いると良いでしょう。

間引き 本葉2〜3枚出た頃に株間が10cmくらいになるように間引きします。

追肥 種まきから10日程度後に、種まきをした場所から5〜7cm程度離れた場所に溝を切り、化成肥料を1屬△燭10〜20g程施します。

収穫 間引きをしながら順次収穫します。 収穫適期は草丈25cm程です。

その他 栽培期間中に長期間低温にあたると花芽が出来てしまうので、11月中旬以降〜3月中旬までは種まきを避けたほうがよいでしょう。


最近チェックした商品