健志総太り

販売価格 350円(税込385円)
購入数

小袋(7ml:約300粒)
20ml
2dl
シーダーテープ15m

全世界のダイコンは、ほとんど日本人が食べている!

写真

ダイコンはアブラナ科ダイコン属の越年草。日本での歴史は古く最古の書物である「古事記」にも記載されている。春の七草のひとつ「すずしろ」であり薬味や煮込み料理にも使われるなど、利用の幅は広い。大根は生産量・収穫量ともに日本が全世界の9割以上を占めていが大根は日本生まれの野菜ではない。大根のルーツには諸説あるのだが、原産はヨーロッパ地中海から中央アジア にかけてだというのが定説になっている。そこから東西に分かれヨーロッパ、アジア、日本へ伝わったとされている。ダイコンは繊維質が多い健康食品。95%が水分でビタミンCと消化酵素のジアスターゼが豊富。ジアスターゼは熱に弱いので、生のまま食べるのが効果的。辛み成分イソチオシアネートには抗ガン作用がある。

キングofスタンダード 1番人気はやっぱりコレ!(^Д^)

写真首の色は鮮緑で、肌は光沢があり美しく食味良好。根径8〜9cm、根長37〜40cmで尻詰まりの良い総太り型。適期蒔きの場合、播種後55〜60日で収穫可能。ス入りが遅いので在圃性が高い。

イオウ病には耐病性を持ち丈夫な品種ですが、激発地では防除もご検討下さい。

あれこれ迷ったら、まずは「健志総太り」をお試し下さい( ̄▽ ̄)♪

写真最近は育種も進み、実に色々な品種が展開されています。そんな中でも大根の品種は多い・・・。正直「わけわからんわぁっ!(#`Д´)/」と言う声が聞こえてきます。品種それぞれには特徴があるわけなのですが伝わりにくいのもまた事実。なので、9月播種ならとりあえずこの「健志総太り」をチョイスしてみたらいかがでしょうか?
一般平坦地で9月播種なら、あれこれ迷ったら、とりあえずこれを蒔いてみたら?
オススメしますよ!(>Д<)ゝ”イエッサ!!

大根栽培はマルチ栽培がメリット多し!白黒、駆使して作りきれ!

写真大根の栽培において、「水分の安定」と「雑草の抑制」は重要なポイント。たとえ小面積でもマルチ栽培をするメリットは大きい。高温時の播種は「白黒マルチ」通常の春秋まきは「黒マルチ」と使い分け、立派な大根を収穫しましょう!

マルチ栽培は生育が良いのはもちろんですが・・・後の管理が楽なんですよっ!除草はめんどくさいんですよ!(*^〜^*)ゝ


最近チェックした商品