うす皮ミニトマト きら〜ず

販売価格 1,000円(税込1,100円)
購入数

小袋(20粒)
500粒

トマトが赤くなると医者は青くなる(@_@)

写真

トマトという呼び名は「膨らむ果実」を意味する「トマトゥル」からきています。古くより「トマトのある家に胃腸病なし」・「トマトが赤くなると医者は青くなる」などと、トマトの効果は認められていました。 この真っ赤な色は、リコピンというカロテノイド色素によるものです。リコピンは含まれる食材・量が共に少なく、トマトにだけ多く含まれています。 このトマト特有の色素・リコピンは私達の体内でよく働き、たくさんの利益をもたらしてくれます。様々な生活習慣病の原因となる活性酸素を消去するはたらき=「抗酸化作用」があります。

感激の食感!うす皮イエローミニトマト「きら〜ず」♪


写真 果重20g前後、果皮は薄くてまるで赤ちゃんのホッペのような優しさ。 (皮が薄くても割れにくいのがミソです!) 色はイエロー系で、光沢があり大変美しい。 糖度は9〜10度で、酸味が無く甘みが強くトマト嫌いの人でも大丈夫。 果房の本数が多く、たくさん収穫でき、ガク落ちも少ないので家庭菜園はもちろん、直売所向けにもピッタリ。

皮がとてもうすい品種ですので、雨よけ栽培をオススメします。

つやつや! ピカピカ! とてもキレイで甘いトマトです。


写真 「きら〜ず」はもともと、とても糖度は高いミニトマトなのですが、それに輪をかけて甘く感じるのは「酸味」がほとんど無いからです。 果皮がうすく口に残らない食感と相まって、何ともいえない独特の美味しさを醸し出します。 トマトが好きな方も、トマトが嫌いな方も、一度はこの「きら〜ず」をお試し下さい。

この味にハマると抜けられなくなること請け合いです! (^_-)

畑で大豊作!プランターでももちろんOK!丈夫なトマトです。

非常に花数が多く、多収型のミニトマトです。草勢は強めに推移しますが、肥料は通常品種と同じように施すと、よりたくさん収穫できますので、特に変える必要はありません。
色濃く完熟した物から随時収穫してお召し上がり下さい。

姉妹品種「ピンキー」もよろしく!(^o^)/

写真 姉妹品種の「ピンキー」と「きら〜ず」。両品種とも、今までミニトマトの欠点であった「皮が固く口に残る」と言う欠点を克服した「うす皮ミニトマト」です。同じうす皮タイプですが味の質が全く異なり、非常に面白いです。是非一度、両品種を栽培して頂き、味の違いをお楽しみ下さい。

「ピンキー」と
「きら〜ず」・・・
( ̄ー ̄)ニヤリ

小さなタネを1粒ずつ播種するのは中々難しい〜。皆さんどうやっていますか?

野菜の苗を育苗する時、小さなタネを1粒ずつ播種するのは難しいですね。指先でつまんでやっていると、つい2粒落ちてしまうことありますよね。セルの中心から外れて端っこに落ちてしまうことありますよね。だんだん腹が立ってきて「ハズキルーペもってこ〜い!」ってなってしまいます・・・。ご存じの方も多いとは思うのですが、竹串を使うと結構上手くやれます。経費は極めて0円ですのでよろしかったら一度お試し下さい。

写真 まずは、タネを準備します。100円ショップで売っている一番小さくて白い鉢皿を買ってきます。(見やすければ何でも良い。)品種名ラベルも準備して、播種日を書き込んでおこう。

ピンキーのタネ、ちっちゃいな〜

写真 竹串を準備します。

太さ2〜3mmの、いわゆる普通の竹串が一番私は使いやすい。

写真 竹串を濡らします。(尖っていない方を使います。)少し水がしゅんだらサッと拭きます。

湿らし加減は種子の大きさと条件次第。初めは1分位で試してみて下さい。

写真 いい感じで湿った竹串で、タネを上からトンと押さえるとくっついてきます。(分かり易いように色の付けてあるトマトのタネにチェンジ。)

これはいわゆる表面張力ってやつ?
え、ちがう?
ま、そういう事で・・・。

写真 そのまま培土に持っていき軽く押しつけると、タネは培土に残ります。

培土がパサパサで、水気が無い状態だと上手く行かない。播種の前日に培土には十分潅水しておこう。

これをサササッと繰り返すと、整然と整列した播種が結構簡単に出来ます。
いい感じに覆土をして、そして、これを育苗します〜。

写真 育苗するとこんな感じです。

鉢上げのタイミングですね〜。さあ、上げるか!


最近チェックした商品