ピノ・ガール(マイクロシードタイプ)

販売価格 500円(税込550円)
購入数

小袋(6粒)
100粒
出荷用シール60枚
出荷用シール600枚

お待たせ致しました。ピノ・ガール全規格販売開始致します。



夏はスイカ!を食べましょう〜(^o^)

写真

スイカの原産地は南アフリカ。紀元前5000年頃には栽培がはじまり、エジプト、ギリシャへと広まったとされている。その証拠に、紀元前4000年代の古代エジプトの壁画にもスイカが登場している。日本への到来も古く、平安時代には栽培がはじまっている息の長い果物だ。ウォーターメロンとも呼ばれ、その90%が水分、10%が糖分という大変みずみずしい食べ物ですが、もちろんその中には様々な成分が含まれています。注目されている成分がリコピン、カリウム、シトルリンと三つあり、スイカは肝臓だけではなく、腎臓にもとてもよい食べ物だと言えます。主にスイカを食べると言ったら夏。バテやすく、食欲も落ちがちな季節ですのでスイカを食べましょう!


タネを気にせず食べられる幸せを、「ピノ・ガール」がお届けします!


写真 果実内の種子、播種する種子ともに、種子のサイズはふつう西瓜の4分の1「マイクロシード」タイプ。タネごと食べてもほとんどの人は気にならない大きさ。 初期生育はやや遅くツルも細めで草勢大人し目に見えるが、交配に向けて強くなり着果以降の草勢低下が少なく、草勢維持は極めて容易。2番果以降の着果も極めてスムーズとなります。 花粉発生が低温下でも良好で着果性に優れる。 鮮緑色の外皮に、中程度の太さの縞が入る高球形の小玉西瓜。 果重は1.6kg〜2.2kg。一般的な小玉品種よりもやや小ぶりで、過肥大しにくい。



写真 果肉色は濃桃色で糖度は約13度upと「愛娘」系と大差ありませんが、果肉は硬めで今までに無い極上のシャリシャリ食感。種子周りの果肉も劣化しにくいので、ふつう西瓜に比べて日持ち性が優れます。 広い作型で栽培可能ですが、無加温ハウス4〜7月収穫、露地トンネル6〜9月収穫に最適。成熟日数は無加温ハウス5月収穫で開花から35日〜37日の中生種。
ピノ・ガールを食べ始めたら快適です。実に快適な食べ心地です!正直、種子感と言うか異物感と言うかが、これほどまて無いのかと感心します。

ピノ・ガールの栽培は決して難しくありません!と言うか、地味に作りやすい品種です。

写真 着果性も良く、着果後の草勢も落ちにくいピノ・ガールは整枝栽培の場合、通常であれば1本作る遊びヅルを作る必要はありません。3本整枝なら3果、4本整枝なら4果着果させます。つまりひと株当たり1個ずつ多く収穫出来ると言う事です。

基本全ツル着果。従来品種よりも1個多く収穫出来ます!


写真 着果性が良いと言う事は、雌花が多く大きく両性花も少ない、非常に素性の良い雌花が咲くと言う事。そして、雄花の花粉が質・量供に大変良いと言う事です。この特性は気候変動の激しい昨今の栽培環境において必ず栽培者の助けになってくれるはずです。

花粉がたくさん出ると言う事は...そうです!彼女らが来てくれやすいのです!家庭菜園において超ありがたい助っ人です。

この食感が、超気持ちいい!「極・シャリ感」!


写真 ピノ・ガールの持つ「極・シャリ感」は長続きします。時期にもよりますが、収穫適期から10日以上遅れて収穫された果実でもシャリ感上々!消費が少々遅れても果肉は緩みにくく平気です。

皮も外してしまえば「極・シャリ感」は、食べやすさと相まって更にパワーアップ!ノーストレスで食べて下さい!

そして、ピノ・ガールは先鋭的な西瓜農家様に認められ、早くも店頭に並び初め大盛況となっております!

新聞・メディアでも!

そして、青果流通のプロフェッショナルからも!

スイカをもっと食べやすく!スイカをもっとポピュラーに!届け!この思いが一人でも多くの人たちへ!


最近チェックした商品