マリアージュ春秋系

販売価格 500円(税込540円)
購入数

小袋(6粒)
100粒

メロン類とは弥生時代からのお付き合い \( ̄0 ̄ )

写真

原産地は北アフリカ、中近東、東アジアといわれています。日本にも弥生時代の土器と共に種子が出土しているが、そのころの物はマクワウリなど原種に近い物だった。ネットメロンは、明治27〜28年頃がはじまりで、その後、明治36〜37年に温室での栽培に成功。 本格的な栽培は、大正13年に静岡県の遠州地方ではじまった。カリウム・アミノ酸が多く含まれ体内から排出されるとき、ナトリウム・老廃物と一緒に体内の水分を外に出す働きをしますので二日酔い、急性腎臓炎などに良い。

アールスメロン級のネットのでる憧れの赤肉ネットメロンです。(^_^)

果肉色は濃いサーモンピンクで糖度は16度前後で安定します。 果皮色は灰緑色で、ネットは高めで美しく発生します。 サイズは1.6〜1.8kg前後。果形は球形〜やや腰高球。 切ってみると果肉が厚く、名前の通り、食べると幸せな気分になれます。

メロン(ウリ科キュウリ属)

整理・生態的特徴 (※あくまでも参考として)

●発芽条件 発芽適温28〜30℃  ●温度反応 生育適温22〜30℃  ●日照反応 光飽和点は5〜6万ルクスと強い光線量を好む。 ●土壌適応 土壌に対する適応性の幅は広いが、根の酸素要求度が高い。 ●開花習性 雄花は親ヅルの節につき、両性花は子ヅルや孫ヅルにつく。

メロン類とは弥生時代からのお付き合い。

原産地は北アフリカ、中近東、東アジアといわれています。 日本にも弥生時代の土器と共に種子が出土しているが、そのころの物はマクワウリなど原種に近い物だった。 ネットメロンは、明治27〜28年頃がはじまりで、その後、明治36〜37年に温室での栽培に成功。 本格的な栽培は、大正13年に静岡県の遠州地方ではじまった。 カリウム・アミノ酸が多く含まれ体内から排出されるとき、ナトリウム・老廃物と一緒に体内の水分を外に出す働きをしますので二日酔い、急性腎臓炎などに良い。

ブリーダーからのコメント

ブリーダーからのコメント

マリアージュグランよりもさらに大玉に。その答えが「マリアージュ春秋系」です。低温期の肥大性はマリアージュグラン並からそれ以上に。ネットは更にアールスに近づき、もはやその差はわからないほどに。 栽培特性はマリアージュとは異なり、初期から草勢はやや強めに推移し、収穫期はマリアージュよりややおとなしい。 マリアージュ・マリアージュグランになかったうどん粉病抵抗性を持ち、栽培しやすくなりました。(うどん粉病はレースによっては罹病します。従って、予防散布は罹病性品種と同様に行って下さい。) 栽培のポイントはマリアージュと同じでネットを全体的に細かく発生させること。それさえ出来れば、高級感のある赤肉ネットメロンの収穫はもうすぐです。



最近チェックした商品