黄冠まくわ(おうかんまくわ)

販売価格 500円(税込540円)
購入数

小袋(0.7ml:約25粒)
20ml(約650粒)

メロン類とは弥生時代からのお付き合い \( ̄0 ̄ )

写真

原産地は北アフリカ、中近東、東アジアといわれています。日本にも弥生時代の土器と共に種子が出土しているが、そのころの物はマクワウリなど原種に近い物だった。ネットメロンは、明治27〜28年頃がはじまりで、その後、明治36〜37年に温室での栽培に成功。 本格的な栽培は、大正13年に静岡県の遠州地方ではじまった。カリウム・アミノ酸が多く含まれ体内から排出されるとき、ナトリウム・老廃物と一緒に体内の水分を外に出す働きをしますので二日酔い、急性腎臓炎などに良い。

昔懐かしいマクワウリの芳香を・・・。

果肉色は純白色、糖度は12度前後。 果皮色は美しい濃黄色で、果肉はサクサクで柔らか。 サイズは350g前後の俵型です。 切った瞬間にアマ〜い芳香が広がります。 農林大臣賞に輝いた定番品種で家庭菜園初心者にもオススメ。

メロン(ウリ科キュウリ属)

整理・生態的特徴 (※あくまでも参考として)

●発芽条件 発芽適温28〜30℃  ●温度反応 生育適温22〜30℃  ●日照反応 光飽和点は5〜6万ルクスと強い光線量を好む。 ●土壌適応 土壌に対する適応性の幅は広いが、根の酸素要求度が高い。 ●開花習性 雄花は親ヅルの節につき、両性花は子ヅルや孫ヅルにつく。

メロン類とは弥生時代からのお付き合い。

原産地は北アフリカ、中近東、東アジアといわれています。 日本にも弥生時代の土器と共に種子が出土しているが、そのころの物はマクワウリなど原種に近い物だった。 ネットメロンは、明治27〜28年頃がはじまりで、その後、明治36〜37年に温室での栽培に成功。 本格的な栽培は、大正13年に静岡県の遠州地方ではじまった。 カリウム・アミノ酸が多く含まれ体内から排出されるとき、ナトリウム・老廃物と一緒に体内の水分を外に出す働きをしますので二日酔い、急性腎臓炎などに良い。

昭和世代には涙もの・・・懐かしいマクワウリの芳香を、もう一度・・・。

昭和世代には涙もの・・・懐かしいマクワウリの芳香を、もう一度・・・。

昭和50年位までは各地で盛んに栽培されていたマクワ瓜。 糖度はさほどではないが、シャリのある独特の肉質と、なによりあの香りがとてもよかった事を思い出します。 良く冷やしたマクワ瓜を夏の暑い時におやつ代わりに食べたものです。 たまに食べたくなってスーパーに行くものの店頭で見かけることはもはや稀です。直売所に行けば「マッカ」「キンカンウリ」と言った名称でわずかに販売されています。 この「黄冠甜瓜」は農林大臣賞に輝いた定番品種、きっとこの味ですよ!


基本、露地栽培OK! トンネル栽培が出来れば最高(*⌒∇⌒*)♪

基本、露地栽培OK! トンネル栽培が出来れば最高(*⌒∇⌒*)♪

メロン類は多湿を嫌います。雨をよけてやるだけで生育が安定し、病気の発生もぐっと減少します。手間暇はそれなりにかかりますが、やったらやっただけの効果はあります。この栽培法をマスターすれば栽培出来る作物のバリエーションがググッと増えます!

やってみようトンネル栽培!(^_^)v


栽培のポイント

家庭菜園の栽培方法は、各ページの左部にある「おしえて!!野菜作り」のバナーをクリック! 各種栽培方法をPDFでダウンロード出来ます。


最近チェックした商品