マリアージュ

販売価格 500円(税込540円)
購入数

小袋(6粒)
100粒
シール100枚

メロン類とは弥生時代からのお付き合い \( ̄0 ̄ )

写真

原産地は北アフリカ、中近東、東アジアといわれています。日本にも弥生時代の土器と共に種子が出土しているが、そのころの物はマクワウリなど原種に近い物だった。ネットメロンは、明治27〜28年頃がはじまりで、その後、明治36〜37年に温室での栽培に成功。 本格的な栽培は、大正13年に静岡県の遠州地方ではじまった。カリウム・アミノ酸が多く含まれ体内から排出されるとき、ナトリウム・老廃物と一緒に体内の水分を外に出す働きをしますので二日酔い、急性腎臓炎などに良い。

アールスメロンのようなネットのでる地這い系、 憧れの赤肉ネットメロンです。(^_^)

果肉色は濃いサーモンピンクで糖度は16度前後で安定します。 果皮色は灰緑色で、ネットは高めで美しく発生します。 サイズは1.2〜1.6kg前後。果形は高球形。 切ってみると果肉が厚く、名前の通り、食べると幸せな気分になれます。

メロン(ウリ科キュウリ属)

整理・生態的特徴 (※あくまでも参考として)

●発芽条件 発芽適温28〜30℃  ●温度反応 生育適温22〜30℃  ●日照反応 光飽和点は5〜6万ルクスと強い光線量を好む。 ●土壌適応 土壌に対する適応性の幅は広いが、根の酸素要求度が高い。 ●開花習性 雄花は親ヅルの節につき、両性花は子ヅルや孫ヅルにつく。

メロン類とは弥生時代からのお付き合い。

原産地は北アフリカ、中近東、東アジアといわれています。 日本にも弥生時代の土器と共に種子が出土しているが、そのころの物はマクワウリなど原種に近い物だった。 ネットメロンは、明治27〜28年頃がはじまりで、その後、明治36〜37年に温室での栽培に成功。 本格的な栽培は、大正13年に静岡県の遠州地方ではじまった。 カリウム・アミノ酸が多く含まれ体内から排出されるとき、ナトリウム・老廃物と一緒に体内の水分を外に出す働きをしますので二日酔い、急性腎臓炎などに良い。

赤肉のネットメロン・・・高級感漂いますねぇ〜(^_^)/

赤肉のネットメロン・・・高級感漂いますねぇ〜(^_^)/

美しいネット、キレイなサーモンピンクの果肉、良い香り・・・。こんなメロンが自分の菜園で栽培出来たら・・・。 家庭菜園ではもっとも敷居の高い作物の一つがネットメロンですね。でも、作ってみたい!ですよね。ポイントを押さえていけば家庭菜園でも十分栽培することはできます!チャレンジしてみましょうよ!(*^_^*)


ネットメロン栽培のお約束、やってみようトンネル栽培!

ネットメロン栽培のお約束、やってみようトンネル栽培!

ネットメロン栽培がなぜ敷居が高いのか、それは果実を雨に当ててはいけないので、トンネル栽培をしなければいけないからと言っても過言ではありません。では、なぜ雨に当ててはいけないのか?それは、あのネットのせいです。実はあのネットは果実のひびからにじみ出た果汁が、固まったかさぶたのような物だと思って下さい。そこに雨を当ててしまうとそこから雑菌が入って悪くすると腐ってしまいます。ですので、雨をよける屋根があれば家庭菜園でも十分ネットメロンを栽培出来るのです!

ポイントを押さえると、写真のように美ネットのマリアージュがででんと!


栽培方法

栽培方法

タネまき適温は25〜30℃。ポットで育苗して本葉4〜5枚で定植。 メロンは雨に弱いので、ハウスもしくはトンネル被覆が必要です。 1屬△燭蠅良現犹榿醂未聾吉遒妊船奪100g・リンサン260g・カリ100g。畝は高畝にして定植の10日前には作っておきます。 株間は60〜80cm。本葉が5〜6枚になったら親ヅルを摘心し、伸びてくる子ツルのうち元気で同じ長さのツルを2本残します。

子ヅルが伸びてきたらU字型に誘引して、着果位置がトンネルの中になるようにします。 着果位置は本葉11〜15枚目から出てくる孫ヅルに1ツルにつき1〜2個着果させます。ツルが太くてツル先が角度45度以上上を向いているときは2個、細くて弱い場合は少なくすると品質が良くなります。

着果15日目位(ソフトボール大)になったら果実マット(発泡スチロールのトレイ)を敷いて腐敗の防止をしてください。 成熟日数は交配後53日前後です。天候により日数は前後する早めから試し切りを行ってください。

※このタネの発芽率は85%以上です。 ※このタネの発芽までのおおよその日数は4〜6日です。



最近チェックした商品