紅こだま(元祖・紅こだま)

販売価格 500円(税込540円)
購入数

 
小袋(8粒)
200粒
出荷用シール 100枚

夏はスイカ!を食べましょう〜(^o^)

写真

スイカの原産地は南アフリカ。紀元前5000年頃には栽培がはじまり、エジプト、ギリシャへと広まったとされている。その証拠に、紀元前4000年代の古代エジプトの壁画にもスイカが登場している。日本への到来も古く、平安時代には栽培がはじまっている息の長い果物だ。ウォーターメロンとも呼ばれ、その90%が水分、10%が糖分という大変みずみずしい食べ物ですが、もちろんその中には様々な成分が含まれています。注目されている成分がリコピン、カリウム、シトルリンと三つあり、スイカは肝臓だけではなく、腎臓にもとてもよい食べ物だと言えます。主にスイカを食べると言ったら夏。バテやすく、食欲も落ちがちな季節ですのでスイカを食べましょう!

紅こだまの歴史はこの品種から始まった。正真正銘、元祖「紅こだま」

写真広い意味で、赤肉の小玉西瓜を「べにこだま」と称しているが、広く美味しい小玉西瓜として認知された最初の品種がこの「紅こだま」。 肉質は柔らかく口当たりのよいシャリ感、糖度は平均13度を超え西瓜特有の良い香りを強く放ち、品質は現在においても最高峰に位置し高級フルーツ店やスィーツ専門店などでも扱われる、名実共に小玉西瓜の最高級品種です。また、外皮が非常に薄く、際まで糖度があり捨てる部分が本当に少ない。反面、生育中の裂果もあり栽培には一定のレベルが必要とされる。 小玉西瓜の最高峰、正真正銘、元祖「紅こだま」

西瓜をスプーンで食べるのも「紅こだま」が広めた食べ方です。

写真まだ、大玉西瓜を舟形に切って食べるのが一般的だった頃、西瓜の半切りをスプーンですくって食べると言う方法を世間に提案したのも「紅こだま」。 レストランなどの外食産業など、フォーマルな場所でも西瓜を食べてもらえるようになりました。肉質がやわらかく口当たりの良いシャリを持つ「紅こだま」だからこそ、女性や子供、ご年配の方々でも難なくスプーンですくうことができます。

スイカをスプーンで食べると言う発想は、当時ありませんでした。・・・

昭和40年より愛され続けて時は平成、いままでもこれからも「紅こだま」

写真紅こだまが誕生したのは昭和40年、時代は流れて色々な品種が現れては消えていきました。その中で超ロングランを続ける「紅こだま」、その秘密は紅こだまが「本物」だからです。50年以上も愛され続けるには訳があります。ぜひ、貴方の菜園でも1度は栽培して頂きたい品種です。 本物はひと味違います。

スイカの天敵! あの黒いヤツにはどう対処すればいい!?

写真スイカの天敵、カラスに有効な対策法とは?まずはCD、カラス模型など、目の良いカラスの「視覚に訴える」対策。しかし、カラスは大変賢く、すぐに慣れるので様々な変化をつけていく事が大切です。 頭の良いカラスは「何かいつもと違う・・・何かヤバイ・・・」と感じたら近寄ってきません。安心させてはいけません。イヤガラセを継続的に! また、「縞模様がない」「色が違う」「大きい」などのスイカをチョイスするのもベター。頭の良いカラスは縞模様や形状からスイカを選ぶ習性があるからです。 あまり大規模菜園でなければ防鳥ネットを展張するのが物理的に最良です。ダンポールなどのトンネル支柱資材を活用し防鳥トンネルなどを作ると良いです。 カラスの頭の良さを逆に利用してやろう!

栽培のポイント

家庭菜園の栽培方法は、各ページの左部にある「おしえて!!野菜作り」のバナーをクリック! 各種栽培方法をPDFでダウンロード出来ます。


最近チェックした商品