トンネルの張り方

トンネル

細い骨をしならせてトンネル状に施行し、被覆資材を張っていく農法。被覆する資材によって様々な環境を作り出せる。これが出来るようになると実に様々な作物が栽培できるようになる。是非マスターしたい農法です。

支柱を準備します。色々な種類がありますが今回は「ダンポール」と言う資材を使用します。   非常に良くしなるグラスファイバー製の支柱できれいなトンネルが出来ます。   約60cm間隔で差し込んでいきます。
       
両端に斜めに1本ずつ補強用の支柱を入れて、トンネル骨組みの完成。   グイとしならせて反対側も差し込んでトンネル状の骨を作ります。   地面に埋め込む深さに目印を付けておくときれいなトンネルになります。
       
続いて被覆資材を止めるための杭を両側に軽く打ち込みます。   被覆資材をかけます。今回は雨よけと保温が目的のため、透明ビニールを張ります。   ビニールの端をぎゅっとしぼり杭に結びつけるかヒモで縛ります。
       
トンネルのばたつきを押さえるために外側から支柱で押さえ込んでいきます。   仮張りができたら杭をしっかりと打ち込みます。   ビニールをピンと張り反対側も同じように杭に巻止めます。
       
       
完成!これで中はぬくぬくです。        

備中鍬を使っての畑の耕し方クワを使っての畝の立て方かけ矢を使った杭の打ち方

カマを使った除草の仕方シャベルを使った土の起こし方トンネルの張り方

マルチングフィルムの張り方レーキを使った整地の仕方三角ホーを使った除草の仕方

おしえて!!野菜づくりいまさら聞けない!?園芸用語集ちょっとドキドキ農具の使い方Q&Aこんなときどうしたら…

ログイン

ログイン
会員登録
カートを見る

カテゴリ

おすすめ商品

売れ筋商品

おしえて!!野菜づくり

いまさら聞けない!?園芸用語集

ちょっとドキドキ農具の使い方

Q&Aこんなときどうしたら…

カタログ請求

種の世界

備考欄に「カタログ希望」ご入力ください。